〒373-0816 群馬県太田市東矢島78

0276-38-8833

生活習慣病


生活習慣病とは

生活習慣病画像

欧米化が進む食生活に過食・偏食、長年に渡っての運動不足、タバコやお酒といった嗜好品の過剰摂取など、日頃の不摂生な生活習慣が元になって引き起こされる慢性疾患を総称して生活習慣病と言います。代表的な生活習慣病には、誰もが一度は聞いたことがある、高血圧、糖尿病、脂質異常症などがあります。

生活習慣病の多くは、発症しても初期段階では自覚症状が現れません。そのため、無自覚なまま症状を進行させるようになります。やがて気づかぬうちに動脈硬化を招くようになり、気づいた時には、合併症(ある病気が元になって起こる、別の病気や症状)として虚血性疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳卒中を発症していたということも少なくありません。

このように生活習慣病は、生命に関わる病気になる可能性もありますが、日頃の生活習慣を見直すだけで重症化のリスクを避けられるようにもなります。その予防・改善策というのが、食生活の改善と運動習慣の徹底です。

食事面では摂取エネルギーを控えめにするほか、栄養バランスを整えることが重要です。また運動面では、無理のない有酸素運動をできるだけ毎日続けるようにし、消費エネルギーの増大や心身機能を活性化させるようにします。なお当院では生活習慣病を発症した方やその予備軍という方の管理(糖尿病患者さまの血糖値のコントロールなど)や日頃の習慣を見直す生活指導も行っております。

健康診断で血圧や血糖値の数値が高いと指摘された、肥満を解消したいという場合は、一度当院をご受診ください。

主な生活習慣病

糖尿病とは

慢性的に血糖値の高い状態が続いていると糖尿病と診断されます。この血糖とは血液中に含まれる糖分(ブドウ糖)のことで、血糖値とはその濃度を数値で示したものです。

通常であれば、膵臓から分泌されるホルモンの一種インスリンが働くので、食事などをしたことで引き上がった血糖値は下がるようになり、その値は正常に保たれます。ただ、このインスリンが何らかの原因で機能不全を起こし、同ホルモンが全く分泌されない、分泌しても質が伴わない、量が少ないという場合に血糖値のバランスが保てなくなるわけです。

なおインスリンの出が悪くなる原因としては、インスリンを作る膵臓のβ細胞が破壊されることでインスリンが全く出なくなること(1型糖尿病)もありますが、最も多いのが、全糖尿病患者の9割以上を占めるという2型糖尿病です。これは、日頃の不健康な生活習慣(過食・偏食、運動不足、飲酒・喫煙、過剰なストレスなど)によるものです。

これらの原因によって血糖値の高い状態が続くと、血管は常に損傷を受けていることになります。すると、まず細小血管が障害を受けるようになり糖尿病による合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害 など)を引き起こすようになります。さらに大血管に障害が発生するようになると脳卒中や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)を招くようになります。糖尿病に罹患すると自覚症状がないまま心筋梗塞を発症することもあります。そのため糖尿病患者さまは定期的に心機能に異常がないかどうかを確認する必要があるので心臓超音波検査も行うようにします。

糖尿病の発症が確認されたら、まず合併症を防ぐことが大切です。そのため血糖値のコントロールが大事になります。当院では、同コントロールの管理や日頃の生活習慣を改める指導も行っています。

高血圧

高血圧とは持続的に血圧が高い状態です。日本高血圧学会によると、外来時の血圧測定で最高血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、最低血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上の場合に高血圧(症)と診断され、どちらか一方でも超えていれば、その対象となります。

自覚症状が現れにくいので放置しやすい疾患ですが、血圧が常に高い状態だと心臓から血管へ血液を送る際にそれだけ大きな負荷をかけて送り出す必要があります。そうなると血管はその圧力に耐えられるよう血管壁を厚くしたりするので硬直しやすくなり、やがて動脈硬化を招くようになります。それでも自覚症状がないことから放置が続くと心筋梗塞や脳卒中、腎不全、閉塞性動脈硬化症といった合併症のリスクが高まるようになります。

このような状態になるには、主に2つの原因があると考えられています。1つは原因が特定できない本態性高血圧で、日本人の高血圧患者のおよそ9割の方がこの症状になります。なお原因不特定とされていますが、考えられている原因としては遺伝的要素、肥満や過食、日頃の食生活での塩分過剰摂取、飲酒・喫煙、運動不足などが挙げられています。そしてもうひとつは、他の病気が原因で引き起こされる2次性高血圧です。この場合は、腎機能低下、睡眠時無呼吸症候群、薬剤による副作用などの原因があります。

高血圧と診断されたら、血圧を下げることが治療の目的となります。具体的には食事療法と運動療法による生活習慣の改善で、それだけでは効果が乏しい場合は、降圧薬などによる薬物療法が行われます。

脂質異常症

LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライドなど)など、血液中の脂質の濃度が慢性的に高い状態、もしくはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態が脂質異常症です。以前は脂質の濃度が高い状態のみを対象としていたので高脂血症という病名でした。

自覚症状については、ほぼ現れません。そのため血液検査や健康診断などで医師に指摘されて気づくことが大半です。なお脂質異常症と診断される数値は以下の通りです。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL
  • 中性脂肪≧150mg/dL
  • HDLコレステロール値<40mg/dL

合併症に注意

そもそもコレステロールは体に必要なもので、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料になります。しかし、これが必要以上に増えてしまうと、血管内にコレステロールを蓄積させ、やがて動脈硬化を招くようになります。そのまま放置が続けば、血管が狭まる、詰まるなどの状態になるのですが、これが脳の血管付近で起きると脳梗塞、心臓付近の血管で起きると心筋梗塞などの合併症を起こすようになるのです。

発症の原因としては、不摂生な生活習慣(偏食・過食、運動不足、肥満)、遺伝的要因、糖尿病など他の病気や服用している薬の影響などが考えられています。ただ、コレステロールは少なすぎても危険で、免疫細胞が弱くなり、免疫力が低下するようになるので、様々な病気を招くようにもなります。

治療については、生活習慣の改善(食事療法、運動療法)と薬物療法(コレステロールや中性脂肪を低下させる薬の服用)が中心になります

おおた泌尿器科・内科クリニック

診療科目
泌尿器科・内科
住所
〒373-0816 群馬県太田市東矢島78
電話番号
0276-38-8833
診療時間
 
  
  日祝
9:00~12:30
15:00~18:00

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日