〒373-0816 群馬県太田市東矢島78

0276-38-8833

泌尿器科


泌尿器科とは

泌尿器科画像

泌尿器科は、膀胱や尿管、腎臓といった尿に関係する臓器と精巣や前立腺などの生殖器関連の臓器に関する病気の診断、検査、治療を行う診療科になります。主にデリケートな部分(性器付近)に症状が現れるのが泌尿器疾患の特徴でもありますので、多少の痛みや違和感であれば、躊躇される方も多いかと思います。しかし単なる経過観察のみでは病状を悪化させるだけです。どうか症状を我慢することなく、速やかにご受診ください。

なお男性と女性では生殖器などの構造が大きく異なることから、それぞれの性の特有の症状があれば、男性にあるいは女性によく現れる病気というのもあります。女性の患者さまにつきましては、女性泌尿器科で診療いたします。

泌尿器科でよくみられる症状・お悩み

【男女共通】

  • 尿が出にくい、出ない
  • 尿に勢いが無い
  • 尿に血が混じる
  • おしっこが近い、回数が多い
  • 夜間、何度もおしっこに起きる
  • 尿が残っている感じがする
  • 尿が漏れる
  • 尿に血が混じる
  • 足がむくむ
  • 腰や背中が痛む
  • 腎臓の辺りが痛む
  • 尿道から膿が出た
  • (健診などで)血尿やたんぱく尿を指摘された など

【男性に多いお悩み】

  • 睾丸や陰嚢が腫れた
  • 陰茎、陰嚢が痛む
  • 陰茎、陰嚢がかゆい
  • 亀頭、包皮に水疱やイボができた
  • PSA(前立腺特異抗原)値が高いと言われた
  • 男性更年期障害のような気がする
  • 勃起力が低下した
  • 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある など

泌尿器科で診療する主な疾患(男女とも)

頻尿、夜間頻尿、尿失禁、尿道炎、膀胱炎、過活動膀胱、腎盂腎炎、前立腺肥大症、前立腺炎、精巣上体炎、骨盤臓器脱(性器脱)、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、泌尿器がん(腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん など)、小児泌尿器科、一般泌尿器科疾患 など

男性患者さまによくみられる泌尿器疾患

血尿・たんぱく尿

尿中に血液(赤血球)が漏れ出ているのが血尿です。なお尿が赤くなかった場合でも血尿と診断されることはあります。また、たんぱく尿とは尿中にたんぱくが漏れ出ている状態です。

通常、健康な方であれば尿中に血液やたんぱくが出ることはありません。これらの症状が出ている場合は、腎臓などの泌尿器に何らかの疾患がある可能性があるので、その原因をしっかり調べる必要があります。なお、血尿・たんぱく尿は尿検査(検尿)で診断できます。

前立腺肥大症

前立腺とは男性の生殖器のことで、精子を元気にする前立腺液を分泌する役割があります。これは膀胱付近に存在するもので、尿道を取り囲む栗の実ほどの腺組織になります。前立腺は何かのきっかけで肥大するようになるとこの筋肉が過剰に収縮するなどして尿道を圧迫します。すると尿がでにくくなるなどの排尿障害の症状が出るようになります。これが前立腺肥大症です。

前立腺が肥大する原因としては、男性ホルモンの働きや生活習慣病、食生活などが関係すると考えられています。なお前立腺肥大症は加齢と共に発症者が増えてくるのが特徴で、80歳以上の男性では、8割以上の方が前立腺肥大症になると言われます。

主な症状は、頻尿(1日8回以上)、急に尿がしたくなった場合に我慢が困難になって尿を漏らす、夜中に何度もトイレに行く、尿が出にくい、などがあります。

治療については薬物療法(α遮断薬など)が中心で、十分な効果が出ない場合は手術療法が検討されます。

前立腺炎とは

前立腺に炎症があると前立腺炎と診断されます。診断をつけるにあたっては、問診や検尿のほか、前立腺の触診(肛門から指を入れ、直腸を通して前立腺の大きさや硬さ、表面の状態、圧迫痛などを調べる検査)などを行って炎症の度合を調べます。なお場合によっては、超音波検査や血液検査が必要なこともあります。

なお前立腺炎は急性前立腺炎と慢性前立腺炎に分けられ、これらの症状や経過はそれぞれ大きく異なります。

急性(細菌性)前立腺炎

急性前立腺炎は尿中の細菌による感染が発症の原因となることが多いです。主な症状は、発熱や排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿などです。前立腺が腫れることで尿道は圧迫され、排尿障害あるいは尿閉(尿が出なくなる)が起きることもあります。治療では、主に抗菌薬による点滴、内服薬の投与になります。

慢性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)

20~40歳代の若い世代に多く見受けられますが、慢性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)はあまり一般的な病気ではありません。症状は陰部の不快感、排尿時・排尿後の痛み、射精時・射精後の痛み、精液に血が混じるなど多様で、その程度も患者さまにより異なります。

原因については、細菌感染の場合もありますが、なかには原因がはっきりしないこともあります。さらに骨盤内の鬱血が影響していることも考えられます。潜在的な患者数は多いとされ、全男性の約5%がこれらの症状を経験すると言われています。

治療法としては、抗生物質や漢方薬の投与、生活指導などがあります。難治性、反復性なこともあることから、症状が改善するまでに数ヵ月を要することもあります。

前立腺がんとは

前立腺がんとは、前立腺に発生する上皮性悪性腫瘍のことで、50歳以上の男性に多くの発症者が見られます。発がんの原因については、男性ホルモンの影響や食生活の欧米化、加齢といったことが影響しているのではないかと考えられています。

なお検診などを行った際にPSAが高い数値だったことで発症に気づく場合は、無症状なことが多いです。なお病気がある程度進行して、がん自体が大きくなると膀胱や尿道を圧迫することから、排尿トラブルや血尿などの症状が認められます。また、前立腺がんは骨やリンパ節に転移しやすいので、骨に痛み、神経麻痺、病的骨折などの症状が現れることもあります。

治療法については、がんが前立腺の被膜内にとどまっている場合は、前立腺全体を取り除く手術(根治的前立腺摘除術)もしくは放射線療法になります。

過活動膀胱

自分の意思とは関係なく勝手に膀胱が収縮してしまう疾患が過活動膀胱(OAB)です。この場合、尿意切迫感、頻尿、尿失禁などの症状が見られます。

主な原因としては、脳梗塞やパーキンソン病などにより、脳や脊髄に障害が生じたことで排尿をコントロールしている筋肉が効かなくなる神経因性の場合か、男性であれば前立腺肥大症が原因であることも考えられます。

過活動膀胱の診断にあたっては、腹部エコー検査(残尿量の測定)、血液検査、尿検査などが行われ、そのほかにも尿流測定、パッドテスト、ストレステストなども実施します。治療は抗コリン薬による治療が中心になりますが、前立腺肥大症が原因であれば尿閉を引き起こす可能性もあることから、閉塞症状を解消する治療が優先的に行われます。そのほか、薬を使わない行動療法(膀胱訓練や骨盤底筋体操等)などもあります。

尿路結石症

尿路結石症とは、腎臓から尿道までの尿路に結石が生じる疾患です。結石が腎臓内にある間はとくに痛みは出ません。ただこの結石が尿管に移動して尿管や膀胱などに詰まるようになると、背中や腰から下腹部あたりにかけて激痛が走り、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

この結石ですが、尿の中にあるとされるシュウ酸やリン酸などの成分にカルシウムが結合することで発生します。なお同疾患は、30~40歳くらい(壮年期)の男性と閉経後の女性に発症しやすいと言われています。なお、結石が腎臓内にある場合は腎結石、尿管にある場合は尿管結石、膀胱内に留まっている場合は膀胱結石と診断されます。

治療では、まず痛みを抑えるようにします。結石が小さいうちは自然に排石されるのを待ちます。しかし、大きな結石や自然排石が難しいと医師が判断した場合は、体外衝撃波結石破砕手術(ESWL)やレーザー砕石器などを用いた内視鏡手術を行います。

おおた泌尿器科・内科クリニック

診療科目
泌尿器科・内科
住所
〒373-0816 群馬県太田市東矢島78
電話番号
0276-38-8833
診療時間
 
  
  日祝
9:00~12:30
15:00~18:00

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日